これだけはやっておきたい!美容費節約のコツ

押さえておきたい節約のポイント

美容費の中でもコストがかかるのがコスメ代だと思います。基礎化粧品からメイク用品、すべて自分に合った同じブランドで揃えようとすると、結構な出費になりますよね。そこで、使うものにメリハリをつけてみましょう。肌の特徴に合わせて、化粧水にはこだわってみるとか、美容液を悩みのある部分に集中的に使うといった具合です。メイク用品も、ベースの下地やファンデーションにはお金をかけて、トレンドに左右されるポイントメイクにはプチプラ商品を利用するのがおすすめです。

チャレンジしよう!セルフケア

基礎化粧品には高価なものも多いので、いっそ自分で作ってしまうのもひとつの手でしょう。薬局で必要な商品を組み合わせれば、自作の化粧品を作ることもできます。ただし保存料が使われていないので、作ったら早めに使い切るなどの工夫が必要です。ネイルもサロンに通うと高額になってしまいます。マニキュア(ポリッシュ)なら最近では100円ショップでも豊富に取り揃えられていますし、ジェルネイルも、最初に機材を揃えておけば、自宅でセルフネイルが可能です。

内側からキレイになるコツ

お肌のために質の良い睡眠や体に良い食事を摂ること、代謝を高め太りにくい体を作ることも、長い目で見れば美容費カットのポイントです。お肌や体のバランスが崩れてしまっては、いくら高価な美容グッズを使っても、効果を感じられないでしょう。お肌や髪のコンディションを整え、外見だけでなく内側からもキレイな女性でいるために、日ごろの生活習慣を見直してみませんか?

品川美容外科の告訴について詳しく