冷え性にも種類があるので、自分のタイプに合った対策をしてみましょう

冷えると美容にもよくないの?

女性は体を冷やさない方がいいとよく言われていますが、具体的にはどんなことがよくないのでしょうか?まず代謝の低下を挙げることができます。たった1度体温が下がってしまうだけで、代謝が12パーセント近くも落ちてしまうんです。代謝が落ちると太りやすい体質になりますし、ダイエットをしようとしても効率が落ちるので要注意!それだけではなく、女性ホルモンの分泌量も減るので、肌荒れやターンオーバーの乱れに加えて、抜け毛等の症状が出る人もいます。最近薄毛やしわなどが酷くなって老けてきたと感じる人は、冷え性のせいかもしれませんね。

自分の冷え性の症状をよく観察して!

冷え性の中で一番症状が重いと言われているのが、全身が冷えてしまうタイプです。目の下にどんよりとしたクマが出来た人や、肌のたるみが進行している場合はこのタイプの冷え性を疑いましょう。対策としては、身体全体を温めるように冷え性に効くショウガなどを使ったドリンクを飲むことや、ぬるま湯に長く入って体の芯から温めるようにすることが有効です。バスタイムはシャワーで手短に済ませたい人は、浴槽に入るように切り替えてみてくださいね。この時に注意したいのがお湯の温度です。熱いお湯の中に長時間いると健康上良くないので、冬の寒い季節でもなるべく38度くらいに設定するのがポイント。全身は冷えていないものの、指先だけ冷たくなっている人は末端冷え性なので、手袋やソックスを室内でも着用したり、フットバスなどをするようにするといいですよ。

品川美容外科の起訴について詳しく