毛抜き使用したムダ毛処理時のポイント2選!

使用する前は蒸しタオルで毛穴を開くことが重要

ムダ毛は身だしなみとして、男性でも女性でも美容処理を行っている人が多いですよね。その中でも自己処理として毛抜きを利用する人がいますが、ただしくポイントを抑えて処理することが重要になります。まず1つ目のポイントとして、しっかり毛穴を開くことが重要という点があります。毛抜きを使った処理の場合は、無理やりムダ毛を引き抜く事になります。そのため毛穴が閉じた状態だと、綺麗に抜くことが難しく毛穴自体への刺激も大きくなります。そのため処理前に蒸しタオルをあてて温めることで、毛穴をしっかり開くようにします。すると毛穴が開いた状態で処理を行うと毛穴への負担が軽減されて処理ができますよ。そのため毛根から綺麗にムダ毛を引き抜くことができます。また毛穴が開く事で痛みを軽減する効果もありますよ。

綺麗に抜くためにはゆっくり引き抜こう

毛抜きを使ったムダ毛処理を行う場合、痛みが強いやムダ毛が途中で切れてしまうという人も多くいます。では実際にムダ毛処理で毛抜きを使用する際の2つ目のポイントですが、引き抜く際の力の入れ方があります。ムダ毛を挟んだ後に一気に引き抜く人はとても多いですが、その場合は毛穴への刺激が大きいだけでなく痛みも強く出てしまいます。そのため引き抜く際は力はゆっくりと入れることが重要になります。ゆっくりゆっくり力をいれて引き抜くと、毛穴の奥から綺麗に引き抜く事ができます。そのため途中でムダ毛が切れてしまうリスクを減らせますよ。またゆっくり引き抜くことでより痛みを抑える効果もあるのでおすすめです。

品川美容外科の死亡について調べる